So-net無料ブログ作成
検索選択

MISTY [風景]

ドーミインで目覚めカーテンを開いたら外は真っ白だった。
まさか雪か???
違った。霧だった。
観音山方面が見えない。観音山どころか駅方面にあるWHも見えない。でも天気予報を見たら晴れになてったので、すぐに晴れるだろう。
9時に保健所の担当官とアポを取っているので、チェックアウトして社用車を出したら100m先で視界が遮られている。
ドーミインからほど近い保健所へ9時過ぎに届出を済ませ、簡単な指導を受けて公道出たら霧はやや薄まっていた。
それでもこんな感じ。
ミスティ.jpg
太陽の方角を見ても光が白く、青空が見えそうで見えない。
地上21階の高崎市庁舎が霞んでいる。
霞む市庁舎.jpg
霧の中にうっかり入ったら、そのまま何処か違う場所へ連れ去られそうだな。
市庁舎は烏川に、県庁舎は利根川に洗われている。
おそらく県庁舎も朝霧に覆われていただろうな。見てみたかったですね。あいにく前橋方面の公用は前日に済ませてしまったので。

それから吉井IC方面へ向かった。
途中、市内の上信電鉄踏切で、群馬サファリパーク号(仮称)がやってきた。逆光と、白い光と、車輌のボディがゼブラをイメージしているのでモノクロームになってしまった。
踏切1.jpg
踏切2.jpg
踏切3.jpg
踏切4.jpg
踏切5.jpg
中山峠を越えて吉井ICに向かう途中、武州方面の山々の頂きは青空を背景にしていて、地表に近い部分に雲がたくさん下りてましたね。
稲刈りが終わったそこかしこの田んぼからも霧が立ち昇っていたし。
藤岡市方面の公用を終えて現場にカオを出した。
「今朝は霧が凄かったな」
前にhttp://funayama-shika-2.blog.so-net.ne.jp/2013-03-18に登場したNという超マジメな女性社員が、
「家を出たら視界が100mもないので、道を変えて慎重に来ました」
「100mなかったよな。8時台でライト点けてるくるまもいたし。」
「晴れそうで晴れなかったんですよ」
「そっちは田んぼの畦道を走るんだろ?」
「ちゃんとした道ですよっ。〇〇さん(私のこと)は大丈夫でしたか?」
「中山峠を越えて吉井町に出たら晴れたよ。・・・でもお前らはいいところに住んでるんだなぁ」
「何がですか?」
「今朝の風景は滅多に見たことない風景だった。ビル街の霧とは違うな」
「???」
「高層ビルは上の方が霞んでる。この地の霧は手の届く位置にあるんだよ」
「高いビル自体がそんなにないですからね」
どうも会話が上手くかみ合わないですね。私は日頃満員電車に乗ってビル街へ通っているので、山々を背景に自然の中をくるま通勤しているこっちの連中が羨ましくなったんですけど。この地にいながらして今朝みたいな光景に時折触れるんだから。
「アナタは出張で行くから群馬がキレイに見えるんだろうけど、現地に住んでる子らはそこまで思わないんじゃないかなぁ?」(ジャン妻)
晩秋.jpg
昼前にはすっかり晴れた。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。