So-net無料ブログ作成
検索選択

膳城~武田勝頼素肌攻めの真相 [隠れ郷土史]

公園の模擬天守は遊具です。
膳城の城域にある公園です。
ZEN.jpg
膳城?武田勝頼が素肌攻めをした逸話の舞台ですよ。

上州には盟主はいない。
小豪族の集まりでしかない。上杉、長尾、北条、武田の草刈り場だったといっていい。
甲斐から信州ルートで武田軍が飢狼のようにやってきて西上州を席巻した。だが信玄の存命時は勢いがあったが、勝頼の代になってからは長篠で大敗してしまい、凋落の下り坂に差し掛かる。
膳城攻めはその頃で、武田家末期の勝頼の唯一のハイライトでもある。

膳城攻めは越後の上杉謙信の跡取りをめぐって二人の養子、景勝と景虎が争った御館の乱の影響で起こったともいえる。
この内乱は「天地人」ではかなり端折って描かれ私は失望したが、実際は数年間に渡って越後全体が泥沼の内戦になり、乱の終結後も恩賞のバランスで上杉家中が大揉めに揉めて越後の軍事力は大きく低下するのだが、武田家中にも影響を与えた。
この乱勃発当初、小田原の北条氏政が実弟景虎への支援を同盟者の武田勝頼に依頼した。勝頼自ら軍勢を引き連れて信越国境へ出張ったのだが、勝頼から見たら肝心の北条氏の動きが鈍い。
氏政が差し向けた援軍は冬が近づいて景勝の故郷、越後坂戸城を抜けなかったこともあって実の弟の救援すら消極的に見えたのである。それでいながら武田家にのみ出血を強いているじゃないかと氏政への信頼が薄らいだ。
では景虎側が勝利したらどうなるか。結果的には関東と越後が北条家の血で繋がって勢力が拡大されるのは必定。あまり勝頼に益は無さそうである。
景虎に押されていた景勝と直江兼続はそれに気付いた。そして勝頼に持ちかけた講和条件の中に上州沼田領の割譲があったという。
勝頼の上州膳城素肌攻めはこの過程で起こった。

勝頼を貶める恰好の材料に、黄金2万両の提供が挙げられるが、結果的に勝頼は景虎支援から景勝支援に鞍替えったことになる。
景勝との和睦に踏み切り、自分の妹の菊姫(甲州夫人)を嫁がせた。
信玄謙信の頃ならまずありえなかった婚姻政策で、甲斐と越後が繋がったのである。
本丸2.jpg
本丸3.jpg
勝頼率いる甲州軍がここ膳城に押し寄せたのは天正8年(1580年)10月だそうです。
この時期だと泥沼だった御館の乱はそろそろ終息しかけている頃合いだが、景勝が勝頼に出した和睦の条件の一つ、上州領の割譲の余勢を駆って景虎派だった厩橋を奪い、その勢いで小泉、伊勢崎、大胡、そして膳、この辺りまで来たというもの。
では素肌攻めって何か?まさか一糸まとわぬ素っ裸で攻め寄せたのではないです。そんなことをしたら掠り傷ですらアブない。素肌攻めってのは甲冑で武装しない服装で攻め寄せたというもの。
何故、武装しなかったのか。
勝頼の軍は領民を慰撫する為に敢えて平服でこの地に差し掛かり、そこへ膳城内で宴会を開いていた家中が酒の酔いに乗じて甲州軍に攻めかかったはいいが反撃を喰らい、城内にまで攻め込まれて落城した???
領民を慰撫??
それはアヤしいな。上杉家の文書に勝頼が景勝に宛てた手紙があって、
「太田宿以下之根小屋悉撃碎 生城計被成 剰自城中執出候勇士百餘人討捕之 」
太田宿というのは太田市にある金山城のことらしい。
「小泉 館林 新田領之民屋不残一宇放火」
小泉、館林、新田領を1軒残らず焼き払ったという記述です。武士が戦争をするのは勝手だがそんなことされた領民は迷惑至極である。
この記述が本当なら領民を慰撫する為に平服でこの地を闊歩したとは信じ難い話ではある。実際はかなり荒らしまわったのではないか?
「其上向善之地押寄 則時ニ責破 為始城主河田備前守 楯籠凶徒千餘人討果」
ここで言う「善之地押寄」・・・これが膳城攻めの部分で、「千餘人討果」・・・千人も討ち取ったとは如何にも多過ぎの感があるが。それだけ大捷だったのでしょう。
甲州軍がここまで席巻できたのが意外な感もある。もう少し東へ行けば下野(栃木県)ですからね。

膳城は北側に地元の資料館があるが、そこから膳城へ誘う案内板は無い。無い代わりに堀底には遊歩道が敷かれ、車椅子でも散策できるようになっている。
掘に降りる.jpg
掘の遊歩道1.jpg
掘の遊歩道2.jpg
掘の遊歩道4.jpg
掘の遊歩道5.jpg
掘の遊歩道を見下ろす.jpg
掘の遊歩道途切れる.jpg
東側には民家と公道があって、そこからストレートに本丸に入れるから楽チンです。ただ、夏場だったので蚊がブンブン飛んでましたね。
〇〇〇熱は持ってないと思うけど、夏場に訪城するなら虫よけスプレーは必須です。
東側の昇り口.jpg
開設版.jpg
勝頼は上州の一部を何処まで制覇したのだろうか。
上州の一部を手に入れたと言って喜んでる形勢ではなくなってくる。膳城を攻めた時、城にいたのは北条側に付いた河田備前という人で、武田、上杉(越後長尾)、北条の緩衝地帯だったのに直接干戈を交えてしまったことになる。
怒った北条氏は東海地方の徳川家康と同盟して甲斐を南から脅かす。家康の後ろには信長がいるので、勝頼は三方からの敵を迎撃する情勢を自ら作ってしまった。となると、甲斐から遠い上州に目を剥ける余裕は無かったのではないか?
この後、あまり知られてないが、駿河湾の海戦で北条水軍に惨敗、遠州の高天神城を見捨て家中が動揺し、穴山梅雪の叛心が芽吹き、強引に新府城を作ろうとして木材調達を命ぜられた木曽義昌が背き、民衆も離反し、急坂を転げ落ちるように滅亡へと向かうことになる。
本丸と二の丸間の堀.jpg
土塁1.jpg
土塁2.jpg
掘そのまま2.jpg
掘そのまま3.jpg
掘そのまま4.jpg
上州一体を勝頼が支配したという話はあまり聞かないのは、膳城を含めて北上州を手中に収めたはいいが、長篠の大敗北で将星の数が少なくなり、結局は地元土豪に任せたことや、自身が僅か2年後の天正10年に天目山で滅んだのもあると思う。甲斐府中から直接は管理できなかったに違いない。
挙句の果てにこの膳城での大勝は、御大将自ら武装しないで攻め寄せたという風に化けてしまい、後世の凡将評価を裏付ける材料にすらされてる感がある。

この膳城素肌攻めは落ち目の勝頼のハイライトの筈だが、新田次郎氏の小説で、この膳城素肌攻めの項があるかと探したが見当たらない。
小説の流れで大筋としては必要なかったのかも知れない。

鳥瞰図~膳城.jpg
鳥瞰図はこの道の第一人者、余湖先生のHPから転載しました。
現在、北郭は資料館と、冒頭1枚めの写真にある公園になっています。WCもあります。
http://homepage2.nifty.com/mizuki55/gunma/kasukawamura.htm
余湖先生の掲示版に転載をお願いした際、明日Upする膳城の少し先にある城塞の鳥瞰図の転載をお願いしたのですが、うっかり膳城を併せて依頼するのを忘れてしまいまして。。。
ここで出典元の明記と併せてお借りいたします。

本丸1.jpg
膳城はよく落ちる城で、上杉謙信が2回、武田勝頼が1回、善氏の頃に1回、陥落しています。
謙信、勝頼以外で過去に関わった将星たちは、桐生祐綱、善因幡、善三河、善宗次、大胡民部左衛門、佐野昌綱、最後の将は河田備前、そこで潰えた。
膳城を望む.jpg
武田勝頼か。。。
別に好きでも嫌いでもないけど。親父が偉大だと二代目は辛い。後世の評価も厳しい。ましてや二代目で家が滅んだらなおのこと厳しい。でも勝頼は今川氏真ほど凡庸ではないように思う。
勝頼は謙信の養子になった方が良かったのではないかと思うのだよ。膳城は勝頼が生涯最後に攻め落とした城・・・という訳ではないが、末期の武田家中にとっては滅亡前の光芒といっていいと思います。
コメント(6) 

コメント 6

のばら

子どもの滑り台なのに渋すぎですね。群馬県人なのに知りませんでしたよ。
by のばら (2014-10-16 12:42) 

チエ

まさか、こんな膳城が建っているとは…(笑)
ジャン滑らなかったんですか^m^

by チエ (2014-10-17 06:10) 

船山史家

のばらさんおはようございます。
滑り台のある公園は膳城北郭にありました。資料館、駐車場と併設しています。
どうも近世の天守を模擬したような滑り台ですが、往時は白亜の楼郭ではなく、板張りの矢倉程度でしょう。
公園は新しいようです。近隣の住宅地に併せて近年できたものかもしれません。
by 船山史家 (2014-10-17 07:52) 

船山史家

チエさんおはようございます。
私は滑らなかったですよ。近所に住んでるおとーさんと幼子がいてその子が滑ってました。
今回の膳城探訪は8月後半の1泊2日プライベートな訪問です。その後9月に出張で行ったんですが(業務内容は日帰りレベル)無理くり泊まりました。〇ふくのママが、「チエさん最近見ない」って言うから、「△△県へ転勤してますよ」って言ってしまったですゴメンナサイ。
by 船山史家 (2014-10-17 08:23) 

るな

膳城、山上城と同じコースで巡りました。
ZEN城、素肌攻めと話題が多いお城、
城跡は古城らしさがあるし結構好きですね。
by るな (2014-11-08 07:19) 

船山史家

るなさんがZEN城の児童公園で童心に還られてたのが記憶にあったので、あのヘンな模擬天守は何処だ?って探したんですよ。
勝頼がこの地に来た頃、武田家は厳しい情勢だったようです。この地に攻め込んだ甲州軍はかなり暴れたんだと思います。
城域は蚊がブンブン。掘の底が歩き易いように整備されていたのは車椅子の方への配慮なんでしょう。
山城じゃないので訪城はラクチンでしたが、その後でバテました。
by 船山史家 (2014-11-08 09:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。