So-net無料ブログ作成

イニシャル [人間ドラマ]

もう撤回させましたが、聖なる酔っ払いオンナの辞表を預かった翌日の午後のことです。
私は松井田という町を走っていた。藤岡市内から上信越自動車道を走り、碓井松井田ICで一般道に下りたんです。
途中、こんな写真を撮影した。妙義です。
妙義山の雄姿.jpg
くるま走らせながら脳裏には時折、前日に辞表を預かった聖なる・・・の慰留、対策を考えたりしてたんだが、妙義を撮影してくるまに戻ったら携帯にメールがあった。Eという女性スタッフから。
「Nさんがタイヘンだよ。事件だよ」というものであった。
なんだこれは?
Nに何か起こったのか。このメールは支店の会社携帯からだったので、その支店のスタッフはN以外でも誰でも見れる権限がある。
Eは何かを俺に伝えたがっている。それは他人に見られたくない、知られたくない内容かって推測した。

このEというキャラは超の付く心配性、地獄耳、プラスお喋りママで、自分のことはもとより他人のこと、後輩のこと、若手のこと、何でもかんでも小耳を立て口を挟むんだな。いつからか私とヘンなラインができて、私は現場の三面記事めいた情報提供者として利用した。いわゆる隠密ではない情報ソースです。リークさせたんです。

E本人は悪気はないのだが、第三者からしてみれば噂話を声高に喋りまくり、若手に向かってはママみたいに、「ホラ、野菜を食べなさい」、「帰ったらうがい手洗いをしなさい」、「冬場は車間距離を開けなさい」、お節介でとにかくウルサイんだと。
そういえば私のスナック菓子好物を全店に広めたのがEなんです。最初に私にスナック菓子を渡したのは聖なる酔っ払い・・・だが、聖なる・・・から聞いたEはオモシロがって各方面に喋りまくった。
まぁそれは自分のことだからいいや。Eが過去に私に提供してきた情報の中にはくだらないものもあったが、見過ごせない情報も幾つかあったので。
そのEが言うところの「Nさんがタイヘン、事件・・・」とは何だ?

処理済~N(ネコ顔なんです).jpgNは20代半ば前。ジャン妻が育てた若手といっていい。
最初はオドオドしていた。自信がなくうつむき加減だった。アタマの回転が遅く、習得するのにかなりの時間を要し、確実、堅実でひとつひとつ積み重ねていく晩成型。
ネコっ顔のまぁまぁ美人で真面目、典型的な長女タイプ。
マジメ堅物に見えたので今ひとつ私の琴線には触れなかったが、私の脳裏に去来したのは、「まさかNのヤツも退職か?」っていうもの。
前日に、聖なる・・・が辞表出している。こういうのって目に見えない負の連動パワーがあるものなんです。聖なる・・・に続いて「まさかNも辞意かよ。こういうのって続くんだよなぁ」って勝手に思い込んでしまったのだ。

私は返信した。
「何となく察しはついた。後でそっちに寄るけどいったい何が起こったんだ?」って返信した。
そしたらEのヤツ、「私の口からは言えないよ~」
???
お喋りオンナのクセに言えないってどーいうことだ。まさかNのヤツ。。。
授かり婚か???[あせあせ(飛び散る汗)]
前の週に東京の部下(女性)からメールが来ていてまたまた結婚ラッシュでた~いへんという。現場に穴が開いて手配が追いつかないと。私の心中にはそういう伏線もあって暗澹たる気分に。。。

妙義の撮影、風景堪能どころじゃなくなった。ジャン妻に電話した。
「Nもヤバイらしい」
「Nさんが?」(ジャン妻)
「もしかしたら、最悪・・・」
「辞めるの?○○さん(聖なる・・・)に続いて?続くねぇそういうの。本人から聞いたの?」(ジャン妻)
「いや、Eから。Nの店の携帯でメールがきた。内容はハッキリ言ってなかったな。ってことは言えない情報ってことだよな。まさか寿か・・・」
「Eさんまた大袈裟に騒いでんじゃないの?話を聴いて来たら?」
「うん。だが○○(聖なる・・・)に続いてNもか。こりゃ痛いなぁ。続くんだよこういうのって」
「うん。もったいないよね」
ジャン妻もしっかりNは退職モードになっていた。

まてよ?
私はEから、「Nさんはマジメな性格がジャマするのか、交際相手にも妥協しないから、なかなか相手が決まらないみたいだよ」という情報を得ている。
Eのヤツめ。その情報がガセだったか。実は相手がいて、流行りの授かり婚で退職ってわけじゃないだろうなって100%思い込んだ私は、いろいろ腹を括り、会社にとって最悪の想定をして現場に向かったのです。

行ったらNと目があった。
やはりいつもと雰囲気が違う。何かヘン。私はN他にろくすっぽ挨拶もせず、Eを手招きして呼び寄せ・・・
「なんだあのメールは。Nはまさか寿か?ご懐妊かぇ?」
「は???」
Eはキョトンとしている。
「まさか辞めるんじゃねぇだろうな」
「な、何でNがご懐妊なのよ。Nのクレームが客先からこっちに来ちゃったのよ」
「あん???」
今度は俺がキョトンとなった。Eが言うところのNとは男性のNで、俺が心配してる女性のNではなかったのである。例えばN=中田、中川、中西、長沢、永井、長倉、奈良田、那波、納谷、内藤、西田とかのN違いだったんですよ。
Eは”笑ふ女”のように笑い出した。
「ぶふっ(笑)。何でNが妊娠すんのよ。アイツ男じゃん。ぷぷぷぷっ(笑)」[わーい(嬉しい顔)]
私は思い込みと勘違いで恥ずかしかったのと、安堵が入り混じってやや放心状態になった。
「Nさんが懐妊で退職ぅ?(笑)そんなこと心配してたのぉ?(笑)ぶはははっ(笑)」[わーい(嬉しい顔)]
Eはケタケタ笑い出した。自分ひとりでこのオチを黙ってられなくなったらしく部屋に戻り、私が、「オイこら止めろっ」って制止する間もなく、その場にいたNに喋っちゃったんです。
「Nさぁん。○○さん(私のこと)がねぇ。Nさんが懐妊して寿退社するって思い込んで心配したんだよォ。(笑)」[わーい(嬉しい顔)]
コイツよくもベラベラと。後を追ってきた私は真っ赤になったが、それを聞いたNの眦が吊り上がった。
「なんでアタシがっ!!」
「いや・・・その・・・」
「アタシそんな予定もないし、相手もいませんっ!!」[爆弾]
その場は大爆笑になったが、Nは私の滅多な勘違いで笑いのネタにされて憤懣やるかたない表情である。
私はEに八つ当たりした。
「オマエがあんなメール送ってくっからだっ!!Nなんてまぎらわしいイニシャルだけで送りやがってっ。俺は最悪、寿退職とか、産休とか・・・」
Nはそれの何処が最悪なのかと余計にムッ[パンチ]とした。
「・・・産休取るには、勤続年数何年で、今年1年の出勤日数が何%以上ってそこまで考えながらこっちに来たんだぞっ。Nなんてイニシャルでなく実名を・・・」
「どんなメールですかっ?」
「こ、これだよ」
「・・・?」
「実名で送信すりゃぁいいものをさ」
「ああ、Nって・・・」
ここでようやく腑に落ちたNは苦笑して許してくれたが、お喋りEは言わなきゃいいものを、「Nさん、相手を見つけないとねぇ」[わーい(嬉しい顔)]って火に油を注いだ
「い ま せ んっ!!」[パンチ]って応じたNは、「何だか○○さん(私のこと)、私の目を見ないし、ソワソワして落ち着かないし。そんなことだったんですかっ」
心配しただけアホだった私は逃げるように退出した。

Nがいつもと雰囲気が違ってるように見えたのは髪型が変わってたんです。私は「聖なる・・・に続いてNが辞める」って思い込みが過ぎてそれには全く気付かなかった。後日、Eから聞いたんだが、Nは私が「髪型変えたのに何も言ってくれなかった」ってプンプンだったそうです。
私は「髪型を俺にどうこう言うなよ」って逃げた。

(聖なる・・・が最近、超ロング黒髪をバッサリ。かわいくなったのだが、「オウ、髪切ったんか?」って言ったら、「前回お会いした時に切ってましたけどっ。」って言われた。そうだったっけか。)

これにはまだ後日譚があって、お喋りオンナEと某所で会った時のこと。
Eの傍らに“笑ふ女”がいた。Eのヤツ、先日のNネタ、私の勝手な思い込みネタを笑ふ女にオモシロおかしく喋ったんです。
「こないださぁ、アタシが、Nが事件だよってメールしたら○○さん(私のこと)、Nさんが懐妊して辞めるって勘違いしてさぁ・・・」
「Nなんてイニシャルだけで紛らわしいメールすっからだっ。ちゃんと実名を・・・」
そしたら笑ふ女がキッとして言うには、
「アタシもNですけどっ」
「なっ・・・」
そうだった。笑ふ女のイニシャルもNなんです。まだそのネタが続くのかと私はまたカーッと血が昇り、
「なぁに言ってやんでぇ。悪いが俺はアナタ(笑ふ女のこと)のことなんかこれっぽっちもぜーんぜんアタマに思い浮かべなかったからなっ!!」
「あっ、ヒドっ!!」
(しまったっ。。。)
「私だってまだまだ可能性あるんですからねっ。」
「そりゃぁ可能性は可能性だが、それには亭主が必要だろうがっ」
私も暴言モードになってきたが、いつもは私に従順な笑ふ女はこの時は妙に強気だった。導火線に火を点けたEも笑ふ女サイドになって、「そうよ。私だって・・・」
俺はほうほうの体で退散した。
処理済~パーティー会場にて.jpg
←左が笑ふ女、右はジャン妻。
二人の間にいる向こうのテーブル席には酔っ払いオンナ。
コメント(6) 

コメント 6

ヒロ

(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)

朝から笑わせていただきました(^o^)
ありがとっ!
それにしても史家さん、モテまんな~♪
by ヒロ (2013-03-18 08:33) 

ゆかりん

イニシャル・・・Dかと思いましたよ。
だって妙義とか榛名とかにいるしさ~^^
by ゆかりん (2013-03-18 10:32) 

ナワ~ルド@峠おやじ

「私もNですけどっ」
(^^;)
by ナワ~ルド@峠おやじ (2013-03-18 11:46) 

船山史家

ヒロさんこんちは。
ジャン妻もこの記事の内容は知ってるので、読んでゲラゲラ笑ってました。でも果たしてこういうのをモテるというのでしょうか。
お喋りオンナのEは、先日の宴会で私の隣だったのですが、小声でいろいろ教えてくれましたね。東京に戻る前にメルアド渡して情報をリークさせようと思っちょります。
ただこういう女性は、私が何かポロッと失言したら今度はそれを逆にバラしかねないので取扱いには注意が必要なんですな。
by 船山史家 (2013-03-20 19:09) 

船山史家

ゆかりんさんどうもです。
えっ?イニシャルD?
どなたかお知り合いでもいらっしゃいますか?
赤城、榛名、妙義、この三山を東京の従業員(主婦パート)に説明したら、「なんですかそれ?オンナの名前ですか?」って突っ込まれました。どうしてそういう発想をするのか。私がそんなに不行状だと思われてるんでしょうか。
by 船山史家 (2013-03-20 19:16) 

船山史家

まいどですナワさん。
そりゃぁナワさんもNですよね~。
お喋り女のEが言ってたのは男性のNだったんですが、それはそれでタイヘンだったんですよ。
登場したNはマジメなキャラなので私と接点が少なかったのですが、一度、店内の指示命令系統の問題でブチキレて私にくってかかってきたことがあります。そん時は仮面をかなぐり捨てて凄い剣幕でした。
日頃、後輩たちがダレっとしてると眦が釣り上がり、「おめーらなぁにやってんだよっ、動けよっ」、「仕事を振られて返って来た返事が、私、知りませんとか言ってんじゃねぇよっ」ってクラワすんですよ。
この子はお嬢様なクセにどうしてこんなに口が悪いのかなぁって、この私が驚きましたから。
by 船山史家 (2013-03-20 19:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。